FC2ブログ

武庫之荘の家完成キッチン

武庫之荘の家完成
“玄関に入った瞬間空気が変わる” 本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます

今回のキッチンはショーナヒュースのこだわりスペシャルオーダーキッチンの仕様となりました。選りすぐりの各種メーカーの機器、素材を集めて創り上げています。細身のスマートなアーチが目を引きます。
カウンター:ステンレス無垢板厚み5mm 表面はバイブレーション仕上げで鈍い艶になります。無垢の質感が感じとれます。参考ですが重量は約100㎏。
流し:厚板を手板金で曲げ加工して天板に溶接。周辺の段差の溝(水切り・まな板等載せる溝)はありません。周辺は余裕があるカウンターの為無い方が日々の清掃が楽ちんです。
混合水栓:自動水栓 手を触れることなく翳すだけで操作出来るので汚れないのがいいですね。
浄水器:シーガルフォービルトインタイプ スマートな姿。
キッチン本体:オーク材です。オープンキッチンの両面収納で大きな収納量があります。奥行は110㎝とかなりの余裕です。
食器洗い機:ガゲナウ製 ワイド60㎝ ゼオライトテクノロジー搭載、グラスケアテクノロジーによりクリスタルガラス製のワイングラスなどデリケートな食器を保護します。低騒音設計による静けさは、食後に家族と過ごすひと時をより楽しいものにしてくれます。機能もデザインもワンランク上の品質です。
扉はキッチンと同柄の扉を設置。下部には多少の水漏れが発生した場合に備えてパンがあります。
アリアフィーナレンジフード:ハイクラスのイタリアの洗練されたデザインと日本の先端技術の幸福な偶然の出あい。特別な工法による同時吸排気システム。
照明:ルイスポールセン トルボー155グラスペンダント3灯とPH5がキッチンを際立たせています。
背面収納:中央に奥行60㎝超えの余裕のオークカウンター(オイルフィニッシュ)スライド収納と両側にトールユニット片方は家電収納を設定。物凄い収納量となります。
タイル平田タイル:背面壁は全柄違いのイタリア製。キッチン壁シックな落ち着いたタイルのオランダ製 周辺見切りはステンレス鏡面。

ありがとうございました。
IMG_4148.jpg
IMG_4146.jpg
IMG_4145.jpg
IMG_4140.jpg
IMG_4138.jpg
20181124_173052.jpg
20181124_134720.jpg
20181124_123808.jpg

座間市外部納め

image3 (2)
image2 (2)
座間市のお宅 外部納め
“玄関に入った瞬間空気が変わる” 本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


外部軒天井張りです。( ^)o(^ )
近隣からの防火の為に軒裏は防火ボードを下地に張込みます。
張込後仕上げ材を張って白塗装仕上げとなります。

ありがとうございました。

武庫之荘の家完成

武庫之荘の家完成
“玄関に入った瞬間空気が変わる” 本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


今回の外観はショーナヒュースとしてはスペシャルな仕様となりました。
外壁:通気層付ワイヤラス仕様のモルタル1.5㎝厚みに高耐久のスタッコ仕上げでとてもシンプルなデザイン。
屋根:フランスの大型フラット瓦 すでに経年変化と歴史を感じる質感です。
オーニング:マルキルクスの電動リモコン操作で水平に張り出してゆきます。
照明:玄関ポーチ、ダイニングペンダント、キッチンペンダント3灯デンマークの照明が目を引きます。

ありがとうございました。
20181124_123116.jpg
IMG_3943.jpg
IMG_4088.jpg
IMG_4092.jpg
IMG_4097.jpg

座間市の建て方

座間市のお宅 建て方
“玄関に入った瞬間空気が変わる” 本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます

建て方中です。( ^)o(^ )
今回は久々のスウェーデン北部工場に於いて住宅パネル一式を製作してコンテナ複数に積込み海を越えてスウェーデンからやってきました。
写真で分かるように外壁板張り済み、断熱材・窓・玄関ドア等全て壁パネルに工場で組み込んでいます。屋根はフルトラス構造で現地の組立方で施工しています。
壁パネル構造厚みは19.5㎝+4.5㎝で24㎝の高断熱仕様です。
仕上がりが楽しみになります。

ありがとうございました。IMG_4231.jpg
IMG_4259.jpg
IMG_4262.jpg
IMG_4267.jpg

お風呂の断熱

お風呂床断熱施工
“玄関に入った瞬間空気が変わる” 本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます

今回はお風呂床断熱気密納まりです( ^)o(^ )
特別な納まりの床断熱気密納まりです。このお宅は希望で高い基礎にして床を上げたので床下に十分な空間と高さが確保できたので床パネル厚18.5㎝確保してお風呂に落し込みました。断熱材の厚みも高性能ウール18.5㎝で居室と同じ仕様で十分な断熱が確保出来ました。
後は配管の気密処理として先行シートをかぶせてパイプ周辺を完璧に処理後、全体に気密シートを張込みます。そして床周辺の段差部分隙間に専用ガンで発泡材の連続打込みを行い周辺の断熱と気密を完璧に納めます。
ものすごい手間暇のかかる作業です。この地道な作業が大切でほとんどの企業は分からないことです。
『お風呂の寒さは無くなりヒートショックとは無縁になります。』健康に暮らせるようになることでしょう。

ありがとうございました。IMG_3780.jpg
IMG_3783.jpg

プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR