高床デッキ工事

IMG_2269.jpg
IMG_2294.jpg
1504513774580.jpg
IMG_2399.jpg
IMG_2396.jpg
高床デッキ工事
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


奈良方面で外構デッキ工事
2階の床面積70㎡ 屋根58㎡
2階バルコニーを延長して高床デッキに屋根付き。
眺望が素晴らしく目の前に大きな池がありとても素敵なデッキです。スウェーデンにもよくある風景にています。

床長さは14mに奥行も広くてとても組みにくいデッキでした。1階から屋根まで通し柱も設置し構造バランスを考えた設計になっています。

屋根は8.6m長さで奥行も最大で7mあります。
ご要望で夏の暑さ対策にロックウールを詰め込んでいます。仕上げは天井パイン羽目板張りに白オイル塗装。屋根面はガルバリウム鋼板葺き。

構造材は加圧注入木材を使用。床スノコ板は硬質木材使用。柵は硬質木材使用。
硬質木材はとても耐久性が高く25年から30年程度は持つのではと思います。しかも保護塗装無しでも大丈夫(でも数年たてば保護材を塗ることで更に耐久性と表面の風化が保たれます)
屋根廻りは白く保護材で仕上げて、床と柵は保護材無しです。1年程度で紫外線によりシルバーグレーに変化して行きます。

アイアン門扉

外構工事について
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


今回は外構工事を大阪で行いました( ^)o(^ )
大きな庭をぐるりと囲う純木製の目隠しフェンスをデザインしました。
高さは180㎝程と高いですが、木フェンスには柱のみで斜めの振れ止めの支えはありません。支えは見苦しいので私は何時も設置しません。
しかし柱のグラつきはありません。スマートな木製フェンスに仕上がっています。
素材は檜材の別注製材品(心材赤味部分)鋸挽きのまま荒い表面に仕上げます。赤味は耐久性がかなり強いためです。
完成後は総ヒノキの為ものすごい香りが漂っていたので1か月ほどそのままの状態で放置して道行く人に香りを楽しんでいただきました。
その後自然オイルのオスモでシルバーグレイに保護しています。この色は木材が日光と風雨に晒されると変化する色に近いものを提案しています。

奥の方の赤いスウェーデンの家とのコントラストが美しいです。

門廻り
門柱は鉄筋コンクリート造りで、仕上げにラフなベルギーレンガを張って素朴な感じを演出。門柱の笠木は大理石を特注加工して取付。重厚なデザインですが仕上げ材で軽めの門柱が出来上がりました。
門扉は本物のアイアンで製作。国産で錆が出ないようにドブ付け亜鉛メッキを施して黒塗装しています。アールデザインのアイアン独特の繊細なラインでありながら強度の高い可愛くて美しい製品です。
スチール製の取付柱は使わずに門扉を直接レンガに固定してよりスマートに納めました。
床の仕上げについてはヨーロッパの石畳みでよくみる同じ黒のピンコロ敷。軟らかな色合いの門柱に黒の床で締まります。
門周辺の純木フェンスは硬質木材の鋸挽のザラザラの表面で、それに自然オイルで保護。超高耐久です。鉋かけをしていない為表面は綺麗ではないですが保護材をたっぷり吸いこんで耐久性と質感があります。

正面から見るとスウェーデンの家となじんでよくあっています。IMG_2566.jpg
IMG_2564.jpg
IMG_2572.jpg
IMG_2559.jpg
IMG_2576.jpg

プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR