冷え性 寒がりさんいらっしゃい

ここでは冷え性から開放され薄着で穏やかにのんびりと暮らせます。

14日昼頃から雪が降り始め夕方近くになると写真のように雪国かと思うほど積もりました。
そして夜には20cm超え、このあたり(神戸の北区)でこれ程積もったのはかなり珍しいことです。
この冬は例年と違いとても寒い日々が続いています。

年明けから早朝の外気の軒下気温が0度以上になったのはほとんど記憶がないほどで -2度前後がほとんどです。
兵庫県内では多分一番寒いエリアと同じかそれ以上かと思います。

そんななかで暮らしている「北欧のスウェーデン住宅」の室内環境は空調19度設定で全室21~22度で24時間全室安定しています。
外気との温度差は24度前後にもなります。
まったく違う空間がここにはあり、玄関ドアを開けた瞬間違いが感じ取れます。

そんな室内ですからこの冬も夏の薄い羽毛布団1枚で寝かせていただいております。
もちろん毛布とかボア付き敷布なども無縁です。
この冬は布団干しもなしです。しっかり乾いています。

スウェーデンの家と称して謳っている家は 本来このような空間であるのがスウェーデン国内の姿です。
これらが実行できなければスウェーデン風の家ということになります。

住宅性能とデザインがとても重要なポイントです。
スウェーデンの家 をお考えの方はこのあたりがとても重要チェックポイントかと思います。
洗面室窓からの雪景色写真は洗面室から見た雪景色 外は寒いですがこの洗面は温度差の無い空間になって自由な姿で過ごせます。


門前からの雪景色
門から移したところ 門柱は木製でアイアンの門扉で重々しくならないように設計しています。
他には無いスタイルを考えました。
興味のある方は問合せください。
M.Y

コメントの投稿

非公開コメント

No title

10年程前から真のスエーデンの家を施工提供していた伝説的な関西のレーナハウス、。。。
自称そのファンであった自身、思い起こせばレーナハウスはどこにいったのか?を探しまくり、最終このHPを検索して、やっとの思いで真のレーナハウスの家にたどり着き、元レーナメンバーが独立して同様のデザインコンセプトで施工を提供している、しかも、レーナより安価で建築している良心的なビルダーに、なっていた!
信じられない気持ちだった。

高気密高断熱の普及が全国レベルより大変遅れている関西特に近畿エリアで
レイナの家のビルダーを立ち上げていることに感動!

そして、私は2011年夏に山口社長の家を見せてもらった。
それからと色々検討しました、。。。
プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR