FC2ブログ

外壁と内装

今回は外壁と内装仕上げ
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


標準で外装は特注製材の無垢木材を採用。
セメント系サイディングのように数年後廃盤で修理が出来ないといったことはありません。木は何年経っても修理取替えが出来るのです。

写真のように凸凹に組み合わせて張り合わせて壁内通気を確保。対流することなく一気に土台から軒まで空気が抜けて行きます。
このデザインは陰影がしっかりと出て表情豊かで重厚感が現れ、ある角度からは可愛く見える。この仕上がりが北欧住宅の原点です。
スウェーデン風ではなく『本物のスウェーデンの家に仕上げます』
最終仕上げとして塗りつぶしの塗装仕上。
錆が出ないように板張りの釘は特殊なステンレス釘を使用。

写真で板の隙間にある金属の穴開きアングルは空気抜きの為ですが目的は蝙蝠が入らないように通気穴をこの網で塞いでいます。稀に蝙蝠の住処になることがあります。
軒裏天井の白いラインは屋根裏の全周囲換気になります。しっかりと換気出来る様にとの願いです。

外壁の丸い穴は空気取込口の雨仕舞処理状況です。専用のシートでこの穴にパイプを挿入します。
内部のウールも丸く空いています。パイプ施工後に室内側からノズルを差し込んで発砲ウレタンを充填して壁内隙間の断熱と気密を処理しています。

室内床板状況
白く見えますのはフローリングの下部に敷込むクッションシートで、この上に北欧の3層ビーチフローリング(ロック式)を置き敷きします。
釘とボンドは使いません。置くだけになります。
この施工を行いますと適度なクション性があり歩行感が軟らかくなり、足の疲れが違います。それからお互いの床板がロック結合しますので将来の隙間も出ません。更に北欧フローリングは目地の溝が無いので汚れが溜まらず、綺麗を保ちます。中々日本では珍しい床板になります。

白い箱が見えますが造作造りのシステム洗面のキャビネットを置いたところです。仕上がったらまたアップします。

☆まじめな取り組みを続けています☆
一口:一生で一度の建築。しっかりとお調べして建築していくことが大切です。DSCF0627.jpg
DSCF0624.jpg
DSCF0619.jpg
IMG_2700.jpg
IMG_2618.jpg
IMG_2630.jpg
IMG_2759.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR