スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制震装置

制震装置
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます
今回は築21年目のスウェーデンフルスペック住宅の耐震(制震)工事を行いました。

パネル工法で耐震性は問題ないのですが、もしもの時の地震の揺れを軽減出来ることを目的に設置が決まりました。揺れを軽減することで建物の損壊を防ぎ壁等の損傷も抑えることが出来ます。
装置はBXカネシン2×4用制震装置V-RECS2×4〈SG〉
内部間仕切り壁設置で、外壁の断熱材に影響しません。耐震リフォームにも対応可能。
ダンパーに使用される高減衰ゴムは、60年経ってもほとんど性能が変わらないようです。そのためメンテナンスも不要で、建物内部壁設置なので温度による性能変化も少ないため、安心して使用いただけます。
震動エネルギーを高減衰ゴムがせん断変形して熱エネルギーに変換し、建物の揺れを吸収します。設置することで約60%の変形抑制効果を期待IMG_3087.jpg
IMG_3082.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。