高床デッキ工事

IMG_2269.jpg
IMG_2294.jpg
1504513774580.jpg
IMG_2399.jpg
IMG_2396.jpg
高床デッキ工事
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


奈良方面で外構デッキ工事
2階の床面積70㎡ 屋根58㎡
2階バルコニーを延長して高床デッキに屋根付き。
眺望が素晴らしく目の前に大きな池がありとても素敵なデッキです。スウェーデンにもよくある風景にています。

床長さは14mに奥行も広くてとても組みにくいデッキでした。1階から屋根まで通し柱も設置し構造バランスを考えた設計になっています。

屋根は8.6m長さで奥行も最大で7mあります。
ご要望で夏の暑さ対策にロックウールを詰め込んでいます。仕上げは天井パイン羽目板張りに白オイル塗装。屋根面はガルバリウム鋼板葺き。

構造材は加圧注入木材を使用。床スノコ板は硬質木材使用。柵は硬質木材使用。
硬質木材はとても耐久性が高く25年から30年程度は持つのではと思います。しかも保護塗装無しでも大丈夫(でも数年たてば保護材を塗ることで更に耐久性と表面の風化が保たれます)
屋根廻りは白く保護材で仕上げて、床と柵は保護材無しです。1年程度で紫外線によりシルバーグレーに変化して行きます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR