FC2ブログ

入院してます

ブログ開設早々ですが、私(太田)は入院しております。

8年前から右股関節に問題を抱えておりまして、どうやら先天的な骨格問題。
今回の入院は、人工股関節に取り替える手術を受けるためでして、明日24日の朝から私は「まな板の上の鯉」になり、しばらく病人らしくなります。
退院は今のところ来年1月中ごろになる予定です。

入院中は大阪事務所を空けますので、お問い合わせをいただく場合は、できれば問い合わせメールにてお願いをいたします。
最近は世の中便利になったもので、ポケットWiFiなるもので、モバイルパソコンとともにインターネット環境を「持ち運び」できるようになりました。
ただ、術後2,3日は、痛みに悶え苦しんでいることも考えられますので、返信が遅くなってしまうかもしれません。

私のの股関節問題とは「変形性股関節症」なるもので、関節軟骨が磨り減って炎症を起こし、その結果、大腿骨骨頭やそれを受ける骨盤の骨が変形していく病気です。
元々は股関節の形成不全(臼蓋形成不全)が原因で、そもそも体重を支えられる作りにはなっていなかったのです。
レントゲンを見たときに、建築を志す物として、「こりゃ駄目じゃ」と実感しました。
こんな状態で、発症までの35年間、よく持ちこたえたものだと。

発症後8年間、杖を使い、長距離歩行を避け、運動らしい運動もせず、重いものはできるだけ抱えないなど活動を制限してきましたが、それでも最近症状が進行してきました。
まあ、工事現場では杖も使えないし、足場にも登る。それなりの重労働もしかたないですから。
というより、現場に入ると身体が勝手に動いてしまうものなのです。さぞかし現場好きみたいです、我ながら。
それにあちこちへ出張もありましたですから。

この病気は特に女性に多いらしく、人工股関節置換術を受けるのはほとんどが60歳を過ぎた女性とのこと。
私みたいな40代前半の巨漢男では症例そのものが珍しく、大学病院ならではですが、いろんな先生方が入れ替わり立ち代り訪ねてきてくれます。

私が受ける人工股関節手術とは、「表面置換型人工股関置換術」といいますが、

ともあれ、上手くいけばよいのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR