制震装置

制震装置
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます
今回は築21年目のスウェーデンフルスペック住宅の耐震(制震)工事を行いました。

パネル工法で耐震性は問題ないのですが、もしもの時の地震の揺れを軽減出来ることを目的に設置が決まりました。揺れを軽減することで建物の損壊を防ぎ壁等の損傷も抑えることが出来ます。
装置はBXカネシン2×4用制震装置V-RECS2×4〈SG〉
内部間仕切り壁設置で、外壁の断熱材に影響しません。耐震リフォームにも対応可能。
ダンパーに使用される高減衰ゴムは、60年経ってもほとんど性能が変わらないようです。そのためメンテナンスも不要で、建物内部壁設置なので温度による性能変化も少ないため、安心して使用いただけます。
震動エネルギーを高減衰ゴムがせん断変形して熱エネルギーに変換し、建物の揺れを吸収します。設置することで約60%の変形抑制効果を期待IMG_3087.jpg
IMG_3082.jpg

完成内観

完成内観
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます

お施主様こだわりがいっぱい詰まった意匠の「スウェーデンの家」が完成いたしました。

写真のキッチンは完全オープン設計で照明のバランスが絶妙に設定されています。更に壁側のタイルが見事です。
リビング側にも大収納があり、背面にも大カウンター付の大収納になっています。カウンターではお弁当作り等ストレスなしに作業出来ます。カウンター左は家事コーナーとして椅子を置いて日々の奥様のスペースになります。
左側には家電収納棚があり電子レンジ・炊飯器等が収納出来て且つリビングからは見えない位置に設定しているのでキッチンがスマートになります。カウンターに家電等置く必要がないのですっきりで作業スペースを無くしません。
家電棚の側面には掃除機置場の棚があります。
キッチンの作業導線が最短で移動出来て完璧になっています。
キッチン左側のリビングには飾り棚を設置しております。バーチの木製カウンター、下部空間はロボット掃除機ステーションになっています。
IMG_2998.jpg
IMG_3009.jpg
IMG_3004.jpg

タイル工事

タイル工事
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


今回のタイル施工はお施主様こだわりでお決めになられたタイルになります。
キッチン壁:平田タイルの手書きハンドメイドタイルで、ブルー柄の濃淡が美しいタイル。周辺タイルのコンビもいい感じです。白タイルの質感もすごいです。

洗面タイルはエスニックなイメージのランタン形の可愛いモザイクタイルで柄は特注の混ぜ張りです。

トイレ手洗いカウンターは無垢バーチ材に混ぜ張りモザイクタイル。淡い色合いでまとめています。
IMG_2954.jpg
IMG_2952.jpg
IMG_2953.jpg

屋根天井断熱と気密

屋根天井断熱と気密
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


今回の屋根天井断熱材施工はダーラフローダシリーズです。厚みは30㎝予定で施工。吹込み目標は沈下を考慮して35㎝です。素材はロックウールで密度が高くグラスウールよりも性能値は高くなります。
ロックウールはトラック満載で納品されたものを圧縮袋から機械に投入撹拌し、綿状で圧送して屋根裏に吹込みます。
写真は吹込み状況と吹込み後の厚さの確認のために1.8m間隔で厚み35㎝にライン目印しています。
三角形の写真では斜めで明るい部分から屋根裏換気の棟廻り排気口になります。この換気口の方法で瓦の棟換気は不要となっています。デザインが崩れず安価にもなります。

施行前最重要の一つ、事前に天井全てにおいて吹込み前日までに気密処理状況の検査を行い確認が取れてから断熱材を吹き込みます。天井には配管パイプとか電線類が沢山貫通いたします。
世間では高気密と謳ってる住宅会社でも、天井の気密処理を行うのはかなりの知識が必要になります。このようなことから簡単に誰でも施工出来る外張り発泡ボード断熱やら・現場発泡材を採用するところが多いのかもしれないですね。
スウェーデンでは 外張り発泡ボード断熱とか現場発泡断熱材の施工は行いません。理由があるのですね。それは又の機会に

断熱材料
35㎝
吹込み中
棟換気

外装塗装

今回は外装塗装
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます

標準で外装は特注製材の無垢木材を採用。
セメント系サイディングのように数年後廃盤で修理が出来ないといったことはありません。木は何年経っても傷んだ時は修理取替えが出来るのです。
各所に万が一取替えするための工夫をしています。

折角の無垢板に塗り潰しの塗装を施しています。
写真は下塗り塗装を施したところになります。下塗りは木材の保護と木材にしっかりと固着して、上塗り塗料の付着性を高めるために塗ります。

軒裏廻り、各ボーダーと窓廻りは白色で仕上がっています。
残りは壁面のメインカラーの塗装になります。又仕上がったらアップいたしますね。すごい綺麗な色 ( ^)o(^ ) になります。
白色、メインカラー共に特注色での塗装です。


☆まじめな取り組みを続けています☆
一口:一生で一度の建築。しっかりとお調べして建築していくことが大切です。IMG_2882.jpg
IMG_2880.jpg
IMG_2878.jpg

プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR