明石の建て方

明石土台
明石気密
明石壁
明石床雨養生
明石外部
明石小屋トラス
明石屋根雨養生
建て方について
今回はダーラフローダシリーズです(2×6構造)
外壁は14㎝の厚み
土台は特注の赤ヒノキ材を使用しています。サイズは14㎝幅になります。
ステンレス製の基礎パッキンが標準です。ステンッレスは長期に渡り安心かと思っています。

1階床の合板は仮並べをして建てて行きます。床内部の断熱材は雨などのリスクを避けて屋根が完了してから再び合板を捲って分厚い断熱材を挿入します。
ものすごい手間がかかりますが当初から「安心の為」敢えてこの方法で施工しています。

『この時に白蟻対策としてホウ酸処理を合板と断熱受けボード両面と構造木材にしっかりと塗ってゆきます。ホウ酸は人体に無害で雨で流されない限り効果はずっと持続します。薬剤系処理材とは人体に対しての安全性が元から違い、再処理が不要です。』

外壁の白いボードはモイスです。火災の熱でも燃えない耐火性、壁体内湿気を放出、防蟻性効果と防カビ性を有する。耐力面材としても合板より強い耐震パネルになります。
このため表面仕上げ材に板張りが可能となります。

屋根は今回トラス構造を選択 強靭な屋根構造となります。
屋根勾配としては北欧スウェーデンで多用している美しい5寸勾配 屋根姿がシャキッとして存在感が出ます。
外壁構造金物のほとんどがステンレス製を標準として採用しています。

基礎

地中梁出隅部
地中梁交差部
外部あばら筋の地中梁と立上りの一体梁
内部あばら筋の地中梁と立上り布基礎
養生
基礎
標準べた基礎: 弊社の耐圧盤ベタ基礎は標準で耐震等級3を確保しています。(今回の構造計算結果に基づきます)
外周部と内部主要部に地中梁を構築して梁に囲い込まれたべた基礎。
一般的に内部の立上り布基礎には人通口の開口部がありあまり意味のない補強鉄筋を入れるのが一般的ですが、疑問があります。私たちは地中梁の上に立上り布基礎が乗っているので、人通口の補強鉄筋は不要ですがより強靭な基礎となります。
(人通口とは:床下を点検出来る様に立上り布基礎にあちこち切れ目を造り、そこから点検出来る様にする穴のようなものです)

≪お家を計画されている方へアドバイス≫
べた基礎と布基礎について
標準を布基礎で謳っているところがあります。工法に問題はありません。
気を付けたいことは、地盤耐力不足で改良杭工事を進められることがあります。悪い判断ではないのですが、その前に考慮することは地盤耐力が不足なら、まずはべた基礎に変更出来ないかを判断して、それでも不足であれば最後の手段として改良杭工事等の選択にするべきではないかと考えます。
一般的に改良工事はコストがかかりすぎる傾向があります。しかし布基礎とべた基礎の差額はそれほど大きなものではないということです。

布基礎とべた基礎の違い:大地が建物荷重を受けるのですが基礎の接する面積の違いから布基礎の方が不利になり、同じ建物でも 布基礎では支えきれないが、べた基礎では余裕があるということです。
お家を考えている方は参考にしてください。

自家製梅干し

今年も梅干しを10㎏完熟近いものを用意して我が家で更に完熟を待ってから始めます。家じゅうフルーツの香りが充満します。
焼酎で消毒しポリ袋に入れて梅樽の中で空気を出来るだけ抜き少し重石をして保存。2日ほどで梅酢が上がります。
梅雨本番頃に赤紫蘇を購入し葉だけをちぎって塩もみ。驚くほどに小さくなります。紫蘇を梅の上に敷き詰めて又空気を抜いて重石で、梅雨明けの土用干しを待ちます。
残念ながら梅雨明け後天候が安定せず、土用干しがまともに出来ない日々が続き丸一日干すことが出来ず、数時間ずつとかで長い時間がかかってしまいましたが、連年通りフルーティな柔らかい梅干しが完成しましたのでほっとしています。
IMG_2217.jpg
IMG_2220.jpg
IMG_2221.jpg
IMG_2291.jpg

最新の施工事例、お施主様インタビューをアップしました!

最新の施工事例、お施主様インタビューをアップしました!


⬇️こちらをクリックしてください

施工事例


お施主様インタビュー

お施主様インタビュー (兵庫県神戸市、T様邸)「最高の温熱環境とインテリアデザインを両立する家」

お施主様インタビュー (神戸市、T様邸)

*最新の施工事例、お施主様インタビューをショーナヒュースブログ上でアップしました。(7月HPに正式アップ)

最高の温熱環境とインテリアデザインを両立する家


設計基本コンセプト
ご主人は技術者らしく超高性能住宅へのご興味が強く、奥様は色使いやインテリアデザインに、もちろん暖かい家が前提。まさに私たちの家の名前、ショーナヒュース(美しく快適な家)に通ずるコンセプトを目指すことになった。当初はエコパッケージからの計画スタートだったが、フルスペックにスペックアップしていただき、更にはロータリー式熱交換型換気扇を採用、C値は0.25(実測値)、Q値は0.7~0.8レベルになる。
快適すぎて他の家には住めなくなるかも。そんな心配もしつつ、お二人がお幸せにお暮し下さることを願っています。

1)ショーナヒュースを選んでいただいた理由


 家に対し漠然とした理想しか持っていなかった私達は初め大手の様々な住宅メーカー、施工例をみていきました。そのなかで少しずつ自分達の理想とする住宅像が出来てきました。しかし、金銭的な問題、そして元々こだわりが強い部分があることもあり自由と唱いながらもオプションという中で縛られた大手メーカーでは決めかね、「高気密高断熱の住宅」というキーワードからこちらのホームページにたどり着きました。直ぐに連絡をさせていただき山口さんのお家に行かせて頂いだきました。初めてうかがった山口さんのお家は感動でした。家中の空気がすみきり木の温もりに包まれた暖かさ、そして玄関、リビングが一体となりそこから見えるつり階段の美しさ、キッチンや洗面所、トイレに至るまで日本で建てた住宅とは全く違った美しさがありました。私達は特に北欧デザインが好きという訳ではありませんでしたが、日本で溢れている北欧風デザインとは全く違い初めて本物の洗練された美しいデザインに心打たれました。また、私達の予算に合わせて考えてくださり金銭的にも安心出来ました。しかし、小さな工務店ということもあり長いお付き合いとなる家の為直ぐには決めかね、悩んだのも事実です。しかし、自分達が生涯暮らす家。自分達も家の管理も含め成長し理解していきたい、山口さん、太田さんの家造りに対する熱いお気持ちと人柄に惹かれ、そして何よりこの素晴らしい家に住みたいという気持ちからこちらに決めさせて頂きました。

2)こだわったところ、気に入っているところ


まず間取りは、1Fはほぼ山口さんの家と同じです。玄関からリビング、キッチンへと繋がった無駄のない空間、開放的な大きな窓に階段下とキッチンにある可愛らしい小窓。白の窓枠と扉、幅木がより壁色を引き立たせ、天井の木の温もりに床の暖かさと素晴らしい空間となっています。初めて山口さんの家にうかがったときの感動が我が家となりました。つり階段により吹き抜けのような開放感が出ています。2Fは将来の事を考え子供部屋一つにファミリールームを作り、後に区切れるように設計しています。また、仕切りを交差したクローゼットにすることによって無駄な壁、スペースを省いています。
壁、照明は太田さんの家を参考にさせていただいております。壁は、ペンキがおすすめと言っていただきペンキにしましたが、日本人の私達には色に囲まれた生活に馴染みがなく圧迫感を感じるのではないかと心配もしておりました。しかし、だからといっておもしろみがないものにしたくなかったため、かなり悩みました。リビング~キッチンはブルーグレーを使用していますが、キッチンを白に統一し一部ガラス戸にしたことではっきりとした色ですが圧迫感は感じません。インテリアに差し色として反対色の黄色を使う予定だったので金額は高かったですがキッチンの天板もこだわりました。1F玄関~2F書斎にかけてはリビングの色とファミリールームの色にも合うようにウォームグレーを使用し、つり階段とあわさって空間がより明るく感じられるようになっています。ファミリールームは日の光を反射してより温かみが出るよう可愛い色合いのクレムーを、寝室は分類としてはピンクですが落ち着いた雰囲気になるようにしています。家全体を通して大人っぽく落ち着いた雰囲気にまとめることが出ました。
トイレは手洗い場にリンゴのボールをおきたかったためこちらで購入しました。また、ボール同様、洗面所のタイルも思い付きから決めたものでしたがどちらも可愛いアクセントとなり気に入っています。1Fの照明は北欧の伝統的なものを取り入れ、リビングの色合いにもあいとても美しいです。
また、全体的に必要最低限の収納スペースしか作らず不必要なものをためないようにしておりますが充分過ぎるほどです。
山口さん、太田さんのお力添えで家のどこにいってもシンプルな中にも美しさが際立ちまた、自由に自分達の思いを形にしていただけたため一つに一つに思い入れがあるこだわりがつまった、そして使いやすく生活しやすい空間となっています。初めて建てた家でここまで満足のいく仕上がりになったことに心から感謝しております。

3)実際に住みだした感想


こちらに関しては、春の入居からまだ3ヵ月しかたっていないため書きかねます。今書いたとしてもよい気候の中での住み心地となり、こちらの住宅の本来の素晴らしさというものに触れぬままお伝えすることになってしまうと思います。より正確にお伝えしたいため実際に夏、冬を過ごした上で再度書かせていただきたいと思います。申し訳ありません。

4)その他


私達にとって家作りは土地探しからの始まりでした。そんな中で、ショーナヒュース様には土地探しからお付き合いいただいてきました。お忙しい中、お一人で土地を見に行って下さり、一緒に回ってくださったりと本当にお世話になりました。また、生活をしていくにあたりどこに何が必要か、ご自分で建てた家に住んでいらっしゃるからこその視点など大変参考になりました。素敵な家造りのすばらしい思い出が出来ました。
ショーナヒュース様に出会えて本当によかったと思っております。今後もお体に気を付けて素晴らしい住宅を造っていってください。


---------------------------------------------------
とても小さな工務店であるショーナヒュースを信頼いただき、初めての家づくりをご依頼いただきました事、とても感謝しております。
玄関入ると、特徴ある階段がインパクトを与え、そしてリビングキッチンと続く、奥様がご選定された室内色、照明使いなど絶妙なバランスがとても美しく綺麗な空間を生み出しています。美しい空間には人を幸せにする力がある、まさにそんな気持ちにさせてくれます。
この度はインタビューにご協力いただき誠にありがとうございました。これからも引き続きよろしくお願い申し上げます。
ショーナヒュース(株)山口、太田





IMG_1118.jpgIMG_1121.jpg
IMG_1115.jpgIMG_1120.jpg


IMG_1130.jpg
IMG_1125.jpg
IMG_1126.jpg



DSC_3653_convert_20160416193331.jpg

IMG_1122.jpg
IMG_1132.jpg


IMG_1127.jpg


IMG_1129.jpg




IMG_1114.jpg



DSC_3716_convert_20160416193606.jpg



IMG_5298.jpg




DSC_3622_convert_20160416192841.jpg


IMG_5296.jpg


DSC_3621_convert_20160416193309.jpg


DSC_3620_convert_20160416192930.jpg

プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR