FC2ブログ

座間市基礎

神奈川県座間市
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます


基礎工事
この前から基礎工事を行っています。
このお宅は特別にこだわりのお家でスウェーデン直輸入の住宅です。スウェーデン工場で住宅パネル一式を複数のコンテナで輸入します。
平屋のお家で基礎掘削後、地業を行い鉄筋の組立完了。太い鉄筋に囲まれています。素晴らしいです。
先日配筋検査を終了して、大量の生コンクリートの打設を行いました。床下の無いフラットスラブ基礎で地盤にしがみ付いた塊の基礎となり、地震にはとても強い構造です。

ありがとうございました。
基礎値切 (2)
IMG_3913.jpg
IMG_3918.jpg

瓦葺き

尼崎市武庫之荘
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます


屋根瓦
瓦葺きの場合は写真のようにゴム質アスファルトルーフィングで防水を施し、縦の桟と横の桟でトンネルを造って万が一瓦が割れて雨水が侵入しても速やかに排水して雨漏れを防ぎます。20年以上前からこの方法で今日まで施工してきました。日本では珍しい納まりになります。
台風21号で隣家の瓦が飛んできて瓦があちこち破損したお宅が数件ありましたが 雨漏れは起こらなかったです。安心出来る納まりです。
この台風で大阪を中心に今も修理出来ないお家が今も沢山あります。

今回のお家はフランス陶器瓦でフラットなとても質感のあるものです。時の流れを経て深みを増した美しい気品の質感。すでに何十年も時が流れたかの表情を醸し出しています。

ありがとうございました。
DSCF0735.jpg
DSCF0738.jpg
IMG_3944.jpg

窓、断熱、制震装置

尼崎市武庫之荘
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます

屋根の鼻先
赤杉の特注製材品で仕上げています。後日塗装します。

防火窓高性能木製サッシ
トリプル硝子空気層15、ダブルアルゴンガス封入、ダブルLow-Eコーティングの仕様
防火でクリアガラスを使用。
今回は無塗装の為オスモ塗装仕上げするのですが、取付け前に裏側の先行保護塗装をおこないました。

床断熱
高性能グラスウール18.5㎝の施工です。弊社は雨に濡れない工夫でとても手間のかかる後施工を採用。後施工の為あわてずに施工が出来て隙間なくきっちりとはまっています。綺麗な施工です。

制震装置
カネシンの制震装置を今回採用いたしました。
Vのデザインで強固にバランスよく取付けしております。
パネル構造はもともと耐震性がありますが揺れ幅を少なく抑えることで建物へのダメージを軽減出来ます。

ありがとうございました。
IMG_3580.jpg
IMG_3586.jpg
IMG_3591.jpg
IMG_3593.jpg
IMG_3598.jpg

尼崎市武庫之荘で建て方2

尼崎市武庫之荘で建て方2
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます

2階建て方
外壁下あたりの黒い棒状の写真は隙間風を防ぐ為のクッション材で空気を通さない素材です。
壁全景写真のコーナー部とパネル繋ぎ目には補強プレートが取り付けられています。この壁の上にもう一枚頭繋ぎという部材が壁の繋ぎ目と一致しないように千鳥に取付けます。
外壁内部足元拡大写真は、耐震等級3の構造計算結果による地震による浮き上り防止補強金物です。すごい強度のL型プレートになります。もちろん一番地震時に力のかかる出隅コーナー部は標準で、基礎から2階壁までホールダウンボールトφ16で固定されています。

後の3枚写真は屋根構造のトラス構造になります。日本ではまだまだ馴染みが少ないですが、強固なトラス構造で両端外壁のみで支える構造で内部に間仕切りが無くとも大丈夫な構造です。2階に大開放の間仕切りの無いお部屋を造ることが可能となります。写真のトラスの荷下ろし時のひとまとめの吊上げは迫力があります。トラス長さは7.5m。
並び終わったトラス中央に点検用足場通路があります。これは天井断熱材を出来るだけ踏まずに点検できるように断熱材の上に施工。北欧スウェーデンの知恵です。

ありがとうございました。IMG_3554.jpg
IMG_3558.jpg
IMG_3560.jpg
IMG_3571.jpg
IMG_3574.jpg
IMG_3578.jpg

尼崎市武庫之荘で建て方

尼崎市武庫之荘で建て方
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます


基礎が何時ものように正確に仕上がりまして平面誤差は2mm位、高さは0mmです。
素晴らしい精度に仕上がっています。写真で正確度が見えます。
写真の基礎立上りは今回厚み18㎝でその上に14㎝幅の特注品で檜赤味材を使用。今回は100%赤味で腐食・白蟻対策に期待が持てます。更に今回はホウ酸処理も実施します。

土台の上に床骨組み(厚み18.5㎝)が乗り、仮並べで床合板を敷き詰めて 後日屋根外壁の雨仕舞が完了したら床合板を捲って床断熱材を嵌め込み、その後床合板を張込みます。えらい手間がかかりますが建て方中の急な雷雨等で断熱材を濡らさない(カビさせない)工夫になります。世間ではこのような手間のかかる工法は見ることは無いでしょう。お客様に安心安全を提供したいからです。

外壁の面材板はモイスで施工。防火に安心で、地震に対しても壁倍率4倍ととても高強度。更に合板類に比べて水蒸気の放出性が格段に良くなります。
内部壁には制震装置が見えます。

ありがとうございました。
IMG_3501.jpg
IMG_3508.jpg
IMG_3511.jpg
IMG_3524.jpg
IMG_3529.jpg
IMG_3551.jpg
IMG_3535.jpg
プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR