FC2ブログ

尼崎市武庫之荘で建て方

尼崎市武庫之荘で建て方
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます


基礎が何時ものように正確に仕上がりまして平面誤差は2mm位、高さは0mmです。
素晴らしい精度に仕上がっています。写真で正確度が見えます。
写真の基礎立上りは今回厚み18㎝でその上に14㎝幅の特注品で檜赤味材を使用。今回は100%赤味で腐食・白蟻対策に期待が持てます。更に今回はホウ酸処理も実施します。

土台の上に床骨組み(厚み18.5㎝)が乗り、仮並べで床合板を敷き詰めて 後日屋根外壁の雨仕舞が完了したら床合板を捲って床断熱材を嵌め込み、その後床合板を張込みます。えらい手間がかかりますが建て方中の急な雷雨等で断熱材を濡らさない(カビさせない)工夫になります。世間ではこのような手間のかかる工法は見ることは無いでしょう。お客様に安心安全を提供したいからです。

外壁の面材板はモイスで施工。防火に安心で、地震に対しても壁倍率4倍ととても高強度。更に合板類に比べて水蒸気の放出性が格段に良くなります。
内部壁には制震装置が見えます。

ありがとうございました。
IMG_3501.jpg
IMG_3508.jpg
IMG_3511.jpg
IMG_3524.jpg
IMG_3529.jpg
IMG_3551.jpg
IMG_3535.jpg

基礎

基礎について
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます

長雨で少し遅れましたが本体基礎は完了しまして、給排水管の工事を行っています。

この度の基礎は2×6工法になります。仕様はフルスペックでの施工となり特別仕様が盛り込まれています。
外壁周りの一番応力のかかる部分の基礎幅を18㎝として、更に4隅のホールダウンボルトの固定強度アップにコンクリートを斜めに分厚く構築。ボルト周辺の強度アップで大地震の引抜き力に対して、より安心です。

基礎高さは通常行うものより30㎝高く施工しています。
これは少し離れていますが大きな武庫川があり、平野部のためもしもの水害に備えた基礎になります。基礎に床下通気口が無いため道路から80㎝位までなら水に浸からなくて済みます。

ありがとうございました。
IMG_3409.jpg
IMG_3414.jpg
IMG_3416.jpg
IMG_3417.jpg

生コンクリート

生コン打設について
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデンハウス。
本気で性能を語れる家に出会えます


7月2日午後から生コンクリート打設を行いました。暑い熱い中職人さんたちには感謝です。ご苦労様です。
ワンマンのポンプ車をリモコンで操作しながら打設箇所に生コンホースを誘導し流し込みます。同時に業者さんが横についてバイブレータで生コンを振動させて隙間の無いように二人三脚で進めて行きます。見ていたらホンマあっという間に進んでゆきます。

今回は普段あまり見ないようなものをお知らせします。
写真のミキサー車から流し終えたシュートに袋をぶら下げています。これはミキサー車を水で洗うのでその水をまき散らさないようにする為の袋です。昔は其のまま洗った水をホッパーに流し込む業者もあったようですが今ではそのような光景は見ることが無くなったと思います。
袋が無かった時代は洗い水の管理が大変でした。必ず洗い水は生コンに混ぜないでと伝えるのが一苦労でした。
工場から出荷された生コンには絶対に水を混ぜないのが鉄則です。相反するように硬めの生コンの方がクラックが出にくいという事実もあります。
弊社は固さとしてスランプ15㎝で実施します。ポンプ車には必ず到着した納入書を貼り付ける習慣が御座います。写真で見れます。

打設後ブルーシートで表面保護をします。写真は後日水道屋さんが捲って先行配管の工事にかかっています。ベタスラブ基礎はとても綺麗に仕上がっています。

ありがとうございました。IMG_3368.jpg
IMG_3366.jpg
IMG_3359.jpg
IMG_3369.jpg
IMG_3370.jpg

基礎鉄筋工事

IMG_3364.jpg
IMG_3340.jpg
IMG_3328.jpg
IMG_3332.jpg
基礎鉄筋組立について
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


6月30日鉄筋組立工事を朝から行っています。暑い中鉄筋組立ご苦労様です。
鉄筋組立は専門職人が組立します。専門工なので早い・性格で綺麗に仕上がります。良く話題になる鉄筋のかぶり厚さもしっかり守られて一直線に仕上がっています。

弊社はこだわりの基礎構造で外周に地中梁プラス立上り布基礎でL断面の強度の高い梁構造となっています。
立上り布基礎の厚みは18㎝になり、天端主筋φ16+φ13・地中梁主筋はφ13が8本となります。
『☆床下空気抜き穴は構造強度が低下するために造りません。また玄関土間の段差も外周の基礎強度が低下するので提案していません。☆』 
換気穴も段差も無いため安定した基礎構造となります。段差や空気抜きの穴があることで地盤の弱いところがあったりしてそこに地震等で強い力が加わって、基礎がポキット腰折れしないようにしたいものですね。


内部主要部には地中梁が入って建物全体のバランスと各スラブのスパンを区画しています。
写真でも見えますが籠組の鉄筋に囲まれて上下に主筋が並んでいます。
これらのような基礎構造は木造ではかなり少ないかと思われます。

建物の基礎構造となる部分です。よりしっかりとした強度の高い構造が上部建物強度の安定に貢献します。基礎が弱くて地震で変形してしまうことが無いようにとの思いがこもっています。『本当の梁で囲まれた一体スラブ構造となります。』

★他社で住宅を計画される方は、基礎には特に注意深く住宅会社に問い合わせて納得のいく構造としてくださいね。

今回は専門的な事柄が多くてすみません。
夕方までに工事は完了しましたので配筋検査も実施いたしました。
問題無く検査は完了です。

ありがとうございました。

尼崎基礎工事

IMG_32781.jpg
IMG_3320.jpg
IMG_3317.jpg
IMG_33263.jpg
IMG_3323.jpg
基礎着工について
“10分暮らす”だけで、家の違いが分かる。本物のスウェーデン住宅。
本気で性能を語れる家に出会えます


6月中旬に地鎮祭を執り行ないまして月末から基礎工事が始まりました。
綺麗に成形しながら掘削が進んでいます。地盤の固さも十分ありそうです。
今回は基礎に特別仕様が盛り込まれています。次回報告をいたします。
ブルーの色は防湿シートで地中からの湿気をシャットアウトします。一般的には0.06㎜厚み程度が多いようですが、踏んでも穴が開かないように0.2㎜厚みを使用しています。

ありがとうございました。
プロフィール

ショーナヒュース

Author:ショーナヒュース
ショーナヒュースブログへようこそ!
スウェーデン住宅の『あれこれ』やスウェーデンの話題。
更には、こだわり経営者の徒然ウンチクなどを紹介していきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR